引き寄せの法則

「趣味がない。楽しいと思えることがない。」という人が楽しいと思えることに出会う方法

こんにちは。
ナリ心理学認定講師 三上みひろです。

「引き寄せノート」を書くときのポイントに

素直な自分の願いを書く

があります。

※『引き寄せノート』ってなに?という方は、コチラの記事に詳しく書いてありますので先にコチラをどうぞ。

ただ私自身も経験がありますが

  • 趣味がない。
  • やりたいことがわからない。
  • 毎日楽しいと思うことがない。
  • 仕事もつまらない。生活のためにやっている。
  • 仲良くしたいと思う人もいない。ひとりがラクだ。でも寂しい。
  • 趣味、30代、楽しめる 等のワードでGoogle検索をしている。

自分が何に心トキメクのか。

自分がどんなときにワクワクと情熱を感じるのか。

素直な自分の願いが…正直、よくわからない。

という方もいらっしゃると思います。

この記事の前半では「自分の気持ちがわからなくなってしまう理由」についてお伝えし、記事の後半では「ワクワクとトキメキを取り戻す方法」について解説します。

ワクワクすることが感じられない

「自分が1番ワクワクを感じることは何か」

ということを考えるときに

「…思い付きません。」

となったり

「…海外旅行に行って豪遊すること?」

という刺激的なアイデアしか湧いてこないということはありませんか。

そして

「頭で考えるからダメなんだって!もっと気楽になんでもやってみなよ!」

「人生楽しまないなんて損だよ?とにかく行動あるのみだよ!」

「やってみないと楽しいかどうかなんてわからないじゃん!いいからやってみなよ。」

なんていうアドバイスをされて、余計に凹んでしまったり。

自分でも「そうだよなぁ…」「でもやりたいって思えないんだもの。」とまた悩んでしまったり。

『引き寄せノート』を書いても現実に変化が起こらないという場合、

「自分が何にワクワクを感じるかがわからなくて、素直な自分の願いがそもそもわからないんです!」

というお悩みはかなりの相談数としてあります。

そんなときは焦ってあれこれする必要はありません。

まずは落ち着いて、自分の心を解きほぐしていきましょう。

「そのままに感じること」を自分に許可するだけでいい

ワクワクするとか、楽しいというのがよくわからないというとき

実は「楽しいからこれが好き。」で選ぶことを自分に許せていないのです。

「自分が1番ワクワクすることは何か」

ということを考えるときに

ワクワクした感情を感じる前に

自分にはこれができる。
自分にはこれができない。

これをやったら将来の役にたつ。
こんなことをやっても将来の役に立たない。

これは時間の無駄になる。
これはお金の無駄になる。

こんなことよりももっと他にやるべきことがある。

自分がワクワクを感じることにブレーキをかけているんですね。

「自分が楽しいと思うこと、自分が心からワクワクすることを、素直にそのまま実行したら自分の人生が破茶滅茶になるのでは!?」

と不安に思っているとき、「楽しい」とか「ワクワク」とか素直な願いを感じることができない。

「素直な自分の願いに従ったら、人生が大変なことにするに違いない…!!!」
「それなら自分の人生に少しでも役に立つことの中で好きなことを探したい!!!」

と思ってしまっているのです。

まずはワクワクするイメージを全て感じることを許可してみましょう。

むやみやたらに行動する必要はないのです。

行動しても色々な体験をしても「楽しいと感じること」を許可できなければ、選べないし感じられません。

実際に実行するかどうかの判断はその後にすればいいのです。

ワクワクとトキメキを取り戻す方法

「自分の素直な願いがわからない…」となるのは

「自分の素直な願いが自分の人生をはちゃめちゃにするのでは?」

という不安があるから、ワクワクを感じないようになっているということをお伝えしました。

ということは、「自分の人生がめちゃくちゃになるのでは…?」という不安を和らげれば

自分のワクワクやトキメキ、素直な願いをキャッチできるようになります。

そのためにオススメの方法を紹介いたします。

  1. 身体に贅沢をさせてあげる
  2. 魔法の質問で自分の本音を引き出す

身体に贅沢をさせてあげる。

私たちは身体の感覚に大きな影響を受けています。

身体が軽ければ気分は良くなるし。

緊張して筋肉が強張れば気分は悪くなりますし。

緊張して冷や汗をかけば嫌な気分になります。

普段から身体に我慢をさせればさせるほど、感情をキャッチする力が衰えていくのです。

ですから身体にたっぷりと贅沢をさせてあげる。

身体が心地よい状態になって、身体がほぐれるのを感じるようにしてみましょう。

例えば

・調味料をグレードのいいものにする

・お部屋を綺麗にする

・アロマで部屋をいい香りにする

・お風呂にたっぷりとお湯をためて肩まで浸かる

・美味しいものを食べる

・心落ち着く音楽を聴く

・照明を柔らかい色調にする

・パジャマを寝心地のいいお気に入りにする

・布団をふかふかなものにする

・お部屋の温度を暖かくする

・こまめに水を飲む

・こまめにトイレにいく… etc

味覚・触覚・嗅覚・視覚・聴覚、五感が少しでも心地よいと感じるように環境を整えてみましょう。

自分の身体を心地よい状態に贅沢をさせてあげることで、感情をキャッチする力が取り戻されていきます。

魔法の質問で自分の本音を引き出す

「素直な自分の願いに従ったら、人生が大変なことにするに違いない…!!!」

そう信じこんでいるときは、自分のワクワクやトキメキを自分に許せません。

このままの私はしょぼいからダメ。
今の自分よりもマシになれそうなことをやらなければ。

今、楽しんだら将来苦労する。
将来の役に立ちそうなことをしなければ。

今苦労すれば、将来は楽になるんだから。
楽しむことよりも自分を成長させてくれることをやらなければ。

こんな私は誰も認めてくれない。
みんなに認められるような、みんなに自慢できるような何かをしなければ。

貯金だってそんなにないしお金は無駄にできない。
無駄にならないことをしないと!

それが制限になっています。

その制限の中でワクワクすることを探そうとしていたり、そうなれなさそうなことにはワクワクを感じないようにしているのです。

でも、それでは心が満たされていないのが現状なんですよね。

なのでぜひ

「もし何をしてもしなくても褒められないし、怒られないし、損もしないし、得もしないとしたら私は何が好き?」

と質問をしてみてください。

これは自分の制限をはずす魔法の質問をしてみてください。

そして、ここでの答えがあなたの素直な願いです。

まとめ

ちゃんとした大人になろうと頑張ってきた人。

社会の迷惑にならないようにしっかりと生きようと頑張ってきた人。

そんな人達ほど「自分の素直な願いってなんだろう?」となりがちです。

自分のことよりも他人のことを考えて、優先して生きてきたからです。

今度は自分のことを考えて、自分を優先して、自分の願いを叶えてあげる番です。

応援しています。
三上みひろでした。

ABOUT ME
三上みひろ
三上みひろ
これから書きます