映画

女神の見えざる手は主人公がカッコよすぎて仕事を頑張りたくなる映画

春に希望の部署に移動になった夫くん。

仕事の難易度もあがり、関わる関係者も増え、残業時間もアップ。「仕事楽しいけどつらたん」となることもあるようです。

夫くん

主人公が信念もってガツガツ仕事しているような映画ない…?

そこでオススメしたのが「女神の見えざる手」

ロビイストの女性が主人公(エリザベス・スローン)で、中途半端にラブロマンスをぶっ込んでくることもなく、キレッキレの頭脳でガッツガツ仕事しまくります。

仕事しまくりなエリザベエス・スローンをみていると「仕事のモチベーション」がむくむく湧き上がってくる映画です。

「仕事や勉強、やる気をだしたい!」というときにおすすめの映画です。

女神の見えざる手のあらすじ

ワシントンD.C.で、スパーリング上院議員(ジョン・リスゴー)による聴聞会が開かれていた。召喚されているのは、敏腕ロビイストとして名高いエリザベス・スローン(ジェシカ・チャステイン)。大手ロビー会社、コール=クラヴィッツ&W在職中に手がけた仕事で不正を行っていたとされ、その真偽が問われている。

聴聞会から遡ること、3ケ月と1週間前。
エリザベスは、コール=クラヴィッツ&Wの花形ロビイストだった。勝つためには手段を選ばず、一切の妥協を許さない仕事ぶりはクライアントから高く評価され、政府やメディアからも一目置かれる存在だった。
エリザベスは、銃擁護派団体からの仕事を依頼されていた。新たな銃規制法案に対し、女性の銃保持を認めるロビー活動で、廃案に持ち込んでくれというのだ。団体の代表者は議員たちにも強い影響力をもつ人物だが、エリザベスは彼の目の前でその仕事をきっぱりと断る。その結果、上司のデュポン(サム・ウォーターストン)から、「依頼を断るなら、君にいてもらう必要はない」と言い渡される。
その夜、パーティに出席したエリザベスは、銃規制法案の成立に尽力する小さなロビー会社のCEO、シュミット(マーク・ストロング)から、自分と一緒に闘わないかと誘いを受ける。
次の日、エリザベスは部下を引き連れ、シュミットの会社へ移籍。奇策ともいえる戦略によって、形勢を有利に変えていく。
だが、巨大な権力をもつ銃擁護派団体や元同僚も負けてはいない。エリザベスの過去のスキャンダルが暴かれ、スタッフに命の危険が迫るなど、事態は予測できない方向へ進んでいく……。

映画『女神の見えざる手』公式サイト

「女神の見えざる手」の感想

映画で取り扱われている『ロビー活動』『ロビイスト』について無知すぎたので、映画開始早々10分くらいで「???」状態に。

しかも主人公が超早口で、場面の展開が鬼のようにはやい。笑

「よくわからん」となったら迷わず一旦停止して、『ロビー活動』『ロビイスト』をGoogle検索してから再視聴するのがよいでしょう。

事前知識があると映画がさらに楽しめます。

夫くん

仕事、ちょっと疲れた。主人公が信念もってガツガツ仕事しているような映画ない?モチベーションを上げたい。

三上みひろ

信念もって仕事している主人公なら「黒い司法 0%からの奇跡」が面白かったし、常軌を逸しているワーカーホリックな主人公をみたいなら「女神の見えざる手」が面白かったよ。

ということで、「女神の見えざる手」を鑑賞しました。(私は2回目)

夫くんは翌日から仕事の調子が戻ってきたそうです。

レッドブル飲むよりもアドレナリンが出る映画です。

この映画、とにかく主人公(エリザベス・スローン)の仕事への執着がすごい。

徹底的に勝ちにこだわり、プライベートを完全に捨てて仕事に全エネルギーを注ぐ!!

ワークライブバランス?なにそれ?

睡眠を極限まで削るために向精神薬を乱用し、恋人はつくらずエスコートサービスを利用してちゃちゃっと性欲を満たし。食事は毎日毎日同じ場所で同じものを食べる。理由は食事のことを考えることにエネルギーを使いたくないから。

信念をもって…とか、理想の社会の実現のために…とかよりは「勝ちたい」それが彼女の原動力。

となると気になるのが「彼女の異常なまでの勝ちへの執着はどこから?」ということ。

幼少期のトラウマ?愛着の問題を抱えている?なんて想像してしまうし、ストーリーで描かれるかと思ったけど一切なし。

お…この展開はエリザベス・スローンの過去回想シーンはいるか?

…と思ってもはいらなーい!!

映画の中でももちろん同僚に質問されています。

こちらは勝ちへの執着というよりも、「銃規制へのこだわり」に関する質問でしたが。

エリザベスは超大手のロビー会社から三流のロビー会社に移動して、わざわざ勝ち目のうすい戦いを選んだわけです。銃規制法案は正しいと言って。よほどの理由があるのだろう…と思うのも当たり前。

エズメ「身近に誰か銃の犠牲になった人が?」

エリザベス「どうしてみんなそう言うの?」

エズメ「強い意見を持っているから」

エリザベス「個人的な経験がないとまともに議論ができないように見える?」

映画「女神の見えざる手」より

う、うーーーーん?

もちろん個人的な経験なんてなくても、意見も持てるし、議論だってできると思いますよ。

でも、私もエリザベスの働き方をみていて、「きっと何か個人的な経験がベースにあるのだろうな…」と思ってしまう。

私自身、強い意見を持つときは「自分の過去の経験」をベースにしているからかな。それ以外だと「揉めるくらいならまあいいか」で流してしまうからかもしれない。自分がしているように他人もしていると思ってしまうものね。

エズメの場合は、彼女は銃の被害者だった過去があるし、それをモチベーションに働いていたからこそそう見えているんでしょうね。

とはいえ、「そうはいっても、やっぱり何かあったでしょ?」と思ってしまうのですけども。(いやーあったよね?言わないだけで、あったよね?)

この映画が高く評価されている理由として、物語の起承転結がしっかりしているところや無駄なシーンがないところ、想定外の結末…というのがあるみたいですが、私はそういう詳しいことはよくわかりません。

ただ働きまくるエリザベス・スローンがキレッキレでかっこいいのと、中途半端なラブロマンスをぶっ込まないところが好感度大でした。

完全無敵の仕事人間。プライベートよりも仕事!仕事!仕事!でも、本当は寂しいし、傷ついているの。誰かに愛されたいし、そのままの自分を受けとめてくれて、心許せる相手が欲しい。

…というのは実際にあると思うし、それがリアルだと思いますし、私も仕事大好きでガツガツ系かと思いますが、夫の存在で癒されているし安心しているところはあります。

でも映画の展開でよくありがちな

ちょっと悪めの男性が登場。主人公の”常識”からはずれた行動をする。最初は反発し合うふたり。しかし、彼の強引で予想のつかない行動にいつしか惹かれるように。心のカーテンをあけてくれた彼とカップルになり、生き方を見直し、仕事もプライベートも大切にするようになって、仲間のことも信頼できるようになる。ハッピーエンド!

みたいな展開は面白くない、映画として。(個人的な好みです)

心のカーテンをあけてくれる人が登場するのはいいとして、その相手がなぜもれなく「ちょいワル男性」なの?

自分の知らない世界をみせてくれるから?肩肘はって生きなくていいよと言ってくれるから?

それなら知らない世界をみせてくれるにしても「視野を広げるために宇宙に行こう!」とかいってくれる男性がよくないですか。

宇宙だったら無重力だし、心も体も軽く…っていうのは冗談ですが。

あと私は閉所恐怖症なので、宇宙服がおそらく無理…ってそんな話、誰も興味ないか。笑

「貧乏家庭の方が金持ちの家庭より愛が溢れていて温かい…本当の幸せとはお金じゃなかった!」的な映画もよくありますよね。

こちらも好きじゃない展開ですが、それと同じくらい「バリキャリ女性がちょい悪男性(法的にグレーな生き方をしている)と出会って本当の幸せを知った!」という展開も好きじゃないんですよ。

…といつも思っていたので、今回の映画にはそれがなかったのが嬉しい。

あくまでもプロフェッショナルとして仕事をする彼女にフォーカスが当て続けているのがいいですね。

女神の見えざる手の出演者・スタッフ

エリザベス・スローン/ジェシカ・チャスティン

ロドルフォ・シュミット/マーク・ストロング

ジェーン・モロイ/アリソン・ピル

ジョージ・デュポン/サム・ウォーターストン

エズメ・マヌスチャリアン/ググ・バサ=ロー

パット・コナーズ/マイケル・スタールバーグ

スパークリング上院議員/ジョン・リスゴー

監督/製作総指揮 ジョン・マッデン
脚本 ジョナサン・ペレラ
美術 マシュー・デイヴィス
編集 アレクサンダー・バーナー

ABOUT ME
三上みひろ
三上みひろ
これから書きます