自己分析・目標達成

希望していたものと違うものをプレゼントされたらどうする?我が家の場合は○○しました!

こんにちは。

三上みひろです。

クリスマスプレゼントに、夫からトラックボール(マウスみたいなもの)をもらいました。

数年ぶりに新作が出たらしく、かなり興奮気味の夫くんに

(おおぅ…大丈夫か…?)

と心配になりつつも。笑

プレゼントしてくれるということなので、ありがたく頂戴することに。

で、いざ届いてたらめちゃくちゃ便利。

もうもとのマウスには戻れないかもしれない!!

手首を動かさずにマウス操作できるので、すごく楽ちんです。(歓喜)

私から夫へのプレゼントは、生なまこをお取り寄せしています。

夫くんは自分があげたいと思ったものをプレゼントしたい人

ちなみに私は「相手が欲しがっているものをあげたい人」です。

プレゼント関係だと「相手にほしいものをお願いしても、それをプレゼントしてくれない」というご相談をたまにいただくんですが。

気持ちめっちゃわかるーーーー!!!!

というのも、私も結婚当初、謎に思っていたから。笑

伝えたものと全然違うものをプレゼントされるか、もしくは、プレゼントしてくれないか。笑

なぜ!!!!!!!?

(なんでー!?なんでそうなんの!!?なぞなぞなぞ。笑)

と思っていました。

だって「必ず喜ぶ正解」がわかっているのに、なぜあえてそれを外す!!?

正解がわかったらつまらないから?

んなわけ。笑

だっていつもは「みひろさんの好きな黒糖パン(もしくはコーヒーゼリー)買ってきたよ」と同じものをいっぱい(本当に山盛り。在庫全部買ってきたんじゃないかってくらい!)買ってきてくれるもん。笑

で、何度か話をしたり、夫くんのお金の使い方をみていて気がついたことがありました。

夫くん⇨自分の美意識に合わないものはプレゼントしたくない

私⇨相手が喜べば自分の好みに関係なくプレゼントできる

という違いがあるんだな。

夫くん⇨お金は技術料や研究開発費に支払いたい

私⇨本人が気に入っていればなんでもいい

というタイプなんですよね。

それに気がついたので、とあるタイミングで

夫からのプレゼントとは、私がほしいものをプレゼントしてもらう

夫からのプレゼントとは、夫独自の視点で、私の生活を便利にするものをチョイスして贈ってくれる

に変更しました。

それと同時に「なぜ、プレゼントの内容にこだわるのか?」と私自身のノートを使って深堀をして

クリスマスや誕生日は、いつもなら自分では買えないものをもらえる特別な日だから「ほしいものが欲しい」と思っている。

→「なぜ?」

おねだりできる年に数回のチャンス!

イベントならがめついと思われずに堂々とおねだりできる。笑

→「それで?」

このチャンスを逃さずないようにしなければ!と思うから、欲しいものをプレゼントしてもらえないと凹む。

→「それでいいの?」

嫌だわ。

→「どうなりたい?」

欲しいと思ったものは、欲しいと思ったタイミングで欲しい。

っていうか、「自分では買えないもの」ってなんだ!!?そんなものはない。これは完全に勘違い。

「誰から」とか「どういうタイミングで」とか関係ない。欲しいものが手に入るかどうか、大事なのはそこだけにしたい!

→「と、なると?」

欲しいものは自分で買えばいい。笑

そしてそれは私に十分できること!

という「こだわる理由」も深掘りして、書き換えました。

このこだわりは、私を豊かにするこだわりではなかったので。

欲しいものはいつだって自分に与えていいし、そういう自分になっていい。

そう考えたら「欲しいものをプレゼントしてもらう」にこだわる理由がないし、むしろ「私の視点以外でのプレゼント」にものすごく価値を感じるようになりました。

夫くんと私、興味の対象が違うので、最初に「これ、プレゼントしようか?」と提案されたときって、正直、全然嬉しくないんですよ。(ぶっちゃけ。笑)

興味ないから知識もないですし。

知識がないからもらったあとのことは想像もできない

今回でいえば、トラックボールの存在さえも知らなかったですし。

それをプレゼントしてもらったら私の生活がどう変わるのか、想像できないから感情も動かない。

欲しい?と聞かれても、「うーん…どうだろう?わからん…笑」みたいな。笑い

でも、夫くんは知識がある上でおすすめしてくれるので、「これがあれば、みひろさんの仕事もっと楽になるな…!」とかって予測してくれているんでしょうね。

夫くんからのプレゼントは毎回大当たり。

むしろ、私が知らなかった世界を教えてくれるので、毎度感謝感謝です。

私は「好きな男性からもらったプレゼントはなんでも嬉しい」というタイプでは全くありませんし、「気持ちが十分に嬉しいよね」とかっていう綺麗事も言うつもりはないんだけども。笑

ただ「欲しいものが欲しい」にこだわりすぎると、取りこぼすこともあるなーと思った過去の体験談でした。

自分の生活が豊かになっていれば、そのプレゼントは十分に愛です。それがたとえ、自分が予想していたカタチじゃないとしてもね!

それではまた。

三上みひろでした!

ABOUT ME
三上みひろ
これから書きます