ノートとペン

恋愛に「成長し合える関係」を求めている人は要注意!

こんにちは。三上みひろです。

恋愛や婚活のパートナーで「これだけはぜったいに譲れない!」というものがあると思います。

ただもし今、「いつも同じようなパターンで恋愛が上手くいかなくなる」と思っているのであれば、「絶対に譲れないと思っている条件」を疑ってみるといいかもしれません。

今回は「お互いが成長し合える関係」「自分を成長させてくれそうなパートナー」を求めていて、なんだか上手くいかないなぁ…と思っているかたに向けての内容です。

恋愛に成長し合える関係を求めているときの心理状態

最初に結論をいってしまえば

成長しあえて、尊敬しあえて、支えあえる関係

は可能です。

ただそれは、あくまでも結果的にそうなるもの。

お付き合いをはじめる段階で「成長するための関係」を相手に求めてしまうと上手くいかなくなります。

恋愛や結婚のパートナーを探しているときに、

自分を成長させてくれそうな相手を求めて…

自分を成長させてくれそうな相手とお付き合いをはじめたのに…

なんだか辛い。相手と心が通いあっている感じもない。

と思ってしまうことはありませんか?

これは「自分はダメ人間だ」と心のなかで思っていることが原因です。

  • 自分のことをダメ人間だと思っているので、自分を成長させてくれそうな【自分よりもすごい人】を彼氏に選ぶ。
  • そうすると今度は、その【自分よりもすごい人】から嫌われたり、バカだと思われるのが怖くなる。
  • でも自分で自分のことを自分で『バカだ』と思っているので、感じたことや考えたことを素直に話すことができない。
  • 素直にこころをひらいて会話できないので、相手に受け止められている感じもしないし、信頼関係もできないし、安心できないし、尊重されている感じもしない。いつまでも不安!

ということが起きているからです。

ではどうしたら解決できるのでしょうか?

簡単です^ ^

「楽しいと感じることを選ぶ」を自分に許可していくだけです!

三上みひろ

とはいえ、これがなかなか難しい!

特に自己肯定感が低い状態だと「自分が楽しいと感じることは自分を幸せにするのか?」「楽しいことを選んだら、もっとダメになっちゃうんじゃないか?」と疑心暗鬼になっていたりしますもんね。

ノートとペンで解決!「楽しいだけ」が怖くて選べない。ダメ人間になってしまいそう…。

恋愛も結婚生活もかんたんです。

一緒にいて楽しいと思う相手と、楽しい時間を過ごせばいいだけ!!

とはいえ、これがなかなかに難しい。

「自分なんてダメ人間だから(クズ、ばか、どうしようもない等)」と自己評価が低いときほど、【楽しいことを選ぶ】を選べないからです。

今回は私の過去のノート(2016年頃のレプリカです!)、「楽しい」を選べるようになった過程をシェアします。

読みすすめていくとわかりますが、思い込みと妄想たっぷりで、気持ちと行動と結果のつじつまがあっていないことがわかります。笑

楽しいだけを選べない理由は自己評価が低いから

恋愛が上手くいっていなかった頃、私は恋人に「私を成長させてくれそうなすごい人」を求めていました。

なぜなら自分のことを【どうしようもないダメ人間】だと思っていたからです。

  • ストイックで真面目
  • 私の悪いところを悪いと言ってくれる
  • 私の直さないといけないところを指摘してくれる
  • 厳しくしく指導してくれる
  • いろいろなことを教えてくれる

そんな男性を求めていました。

(こうやって書き出してみると、これは恋人というよりも上司ですよね…。笑)

(そもそも「私の悪いところ」とは一体…。笑)

三上みひろ

「すごい人と一緒にいたら刺激を受けて、私も成長できるはず!」と期待していたんですよね。

朱に交われば赤くなる。

感化されて、私もストイックなすごい人になれる!と思っていたんです。

しかし婚活で何度も同じようなパターンで上手くいかない体験をするうちに、あることに気がつきます。

「私を成長させてくれそうな相手」を求めていることがそもそも間違っているのではないか?

そこで、「成長させてくれそうな彼氏」ではなく、「一緒にいて楽しい彼氏」を選ぼうとしてみました。

しかし!!怖くてできない!!!

一緒にいて楽しいだけ❤︎の男性をパートナーに選ぶことが怖い…!」

そう思っていることに気がついたところから、ノートはスタートしています。

私は私の”楽しい”という感覚を信じていない

私はわたしの「楽しい」を信じていない。

【私程度の人間が楽しいと感じることは、しょせんその程度】と思っている。

私が「楽しい」と感じるものに価値を感じていませんでした。

そして、私のことを「楽しい」と感じてくれる人のことも価値がないと思っていました。

だから、私のはなしを楽しそうに聞いてくれる男性に興味が持てなかったんですよね。

「そんなことも知らないんだ…」とさめた気持ちになってしまっていました。

私のようなバカな人間のはなしに関心を持つなんて、この男性はたいしたことないに違いない!

と思っていたのです。

三上みひろ

自己評価が低すぎると、幸せになれないっていうのはこういうところなんですよね…。

「楽しい」を選ぶと、さらにダメになってしまいそう!という不安

さらに深く掘り下げていきます。

「しょせん、その程度ってどういうこと?」

教養ない。知性ない。学歴もない。品もない。

その程度の私なんかが楽しいと感じること、楽しいと感じる相手と一緒になったら成長などありえない

今だって、崖っぷちギリギリのところで頑張っている。これ以上、下に落ちないように頑張っている。

今はまだ頑張らないといけない時期なのに、楽しいことなんてしていたら不幸になるに決まっている!転落人生!

今の自分で満足しちゃダメなんだ!今の自分のままじゃダメなんだよ!

三上みひろ

楽しいこと=ラクな方に流れること→ダメになる

成長すること=苦しいことを我慢して乗り越えて、ダメなところや欠点を克服すること→この苦難を乗り越えたら桃源郷のような世界があるはず

という思い込みもあいまって、「楽しいを選ぶ」が超絶に怖かったんですよね。

「幸せ」とか「楽しい」とかそんなものは恋愛に不要!と思っていた

だから【一緒にいて楽しいと感じる相手】をそもそも私は求めていない。

私にダメだししてくれて、成長させてくれるような相手がいい。

楽しい相手と一緒にいたら「このままでいいかー」と努力しなくなって、ラクな方に流れて、人生が大変なことになる!!

ここでこれまで、どんな現実を選択してきたのか明らかになりました。

「幸せで愛されていると実感できる恋愛がしたい!」と意識の表層では思っていました。

でも深く掘り下げると、

  • 「私のことをいいね」と言ってくれる男性はしょぼい男性
  • 私に厳しくダメだししてくれる男性がいい
  • 辛いことを乗り越えて、人間的に成長したい

と思っていたんですよね…。

見事に願いは叶っていました。(泣)

三上みひろ

これはまさに「思考は現実化する」ですね。

人生は自分が「これがいい」と思って選んできたことの結果です。

現実を変えたいと思うなら「これがいい」の選択基準を変える必要があるのです。

楽しいだけの人と付き合ってみたらどうなるの?

私の恋愛がうまくいかない理由は

  • 「私はダメ人間だから、私のことを成長させてくれそうな相手がいい!」と思っていること
  • 「私程度が楽しいと感じることに価値はないと思っていること
  • 私のことを「いい」と思ってくれる人にも価値はないと思っていること

これらが原因であるということがわかりました。

ここまでわかったら、次のステップにうつります。

選んできた結果(現実)を直視。そして、素直に感じる。

でもさ、【ダメなわたし】を高めてくれそうな相手を選んできた結果がだよ?

今の状況、どう感じる??

まったく幸せじゃない。楽しくない。

”頭のいい彼氏とデートしている私❤︎”

は悦にはいれて気持ちいいけど、彼にバカがバレるのが怖くて、思ったことも素直にはなせないもん…。

三上みひろ

願っていることと、選んできた結果(現実)のつじつまがあっていないことを自覚することがポイントです!

例えばこの例でいえば

「私が楽しいとかんじるということは、しょせんそのレベルの男性(失礼なことは百も承知!)だから私が不幸になる!」

と思っていて、だから【成長させてくれそうな彼氏】を選んでいたわけです。

しかし、ノートでわかるように、私は今すでに「楽しくない。不幸。」と感じていました。

「こうしたら幸せになれる!」と思って選んでいたものが、自分を不幸にしていた!という典型例です。

今まで選ばなかったことを選んでみる

うまくいかない原因がわかったら、選び直せばいいだけです。

楽しいだけ❤︎の人と付き合ってみたら?

学歴や職歴、収入でいままで足切りしていたけど、

そういう社会的ステータスをいっさい知らない状態で(もちろん、さぐりも入れないで!)、「一緒にいたら楽しい!」と思う男性と仲良くしてみたらどう?

三上みひろ

これまで「正しい」と思ってやってきたことの結果が今なのですから、今までとは違う選択方法を試してみるというのはまっとうなアドバイスですね!

変化は怖い。怖い気持ちを素直に書き出す。

とはいえ、

これまで「そんなことしたら大変なことになる!」と思っていたことを実践するわけですから

怖いと感じるのはふつうです。笑

その怖いと感じていることを無視せず、怖いと感じていることを書き出していきます。

怖い。無理。

絶対に不幸になるし、ダメ人間まっしぐら!自分の程度を知るのも怖い。

仕事もしないでちゃらんぽらんで、シ○ナーやっていて前歯なくて、ギャンプルばっかりやっているような男性からしか好かれなさそう…!

そして、うっかり情に流されて、彼の借金の保証人とかになっちゃう気がする…!

妄想大爆発ですね。笑

そして、これが本当の自己評価です。

三上みひろ

この当時の私(2016年頃)は、本当は自分に自信がなかったのに、自信があるフリをしていたんですよね。

私、本当はすごいはずだから!いまは周りの人がみる目ないだけで、本当はすごい人から認められるに相応しい女性だから!

と思い込もうとしていました。

でも、実際は自信もないし、等身大の自分を認めるのが怖かったのです…。

強烈な思い込みと妄想にツッコミをいれる。

いやいやいや。笑

私、今までにそういう友達いた?

冷静にツッコミをいれていきます。

  • 実際に起こりえること(高い可能性で起こる)
  • 実際に起こりえないこと(可能性がかなり低い)

この2つを冷静に切り分けることは大切です。

いない。

話しが合わないからか、仲良くなったこともないし、知り合いにもいない。

冷静に考えたら「私が怖いと思っていることは、起こりようがないこと(極めて可能性が低い)」だとわかります。

そしてさらに…

しかもさ「付き合うかどうかは自分で選べる」でしょ?

そうだった。「やばい!」とおもう相手とは付き合わなければいいのか。

そもそも、一緒にいて楽しいとおもう相手と付き合うんだから、「ヤバい」相手なわけないか。

矛盾していた。笑

今まで恋愛で「我慢するのが当たり前」になっていたから、ヤバいとおもうところがあっても、「相手のいいところを探して、がんばって好きにならなきゃ…!」という前提で考えていたよ。笑

これまでの恋愛は我慢するのが当たり前だったので

  • 相手に嫌なところがあっても我慢する
  • おかしいと思うところがあっても目をつぶる
  • 嫌なところではなく、いいところを見つけようとする

相手を好きになるように努力することが恋愛では大切!

ヤバいと思う相手でも、お付き合いを続けないといけない!

という昔の前提で考えていることに気がつきました。笑

三上みひろ

「楽しい相手と楽しく付き合う」を選ぶのだから、「ヤバい」と思った時点でふつうに別れますよね。

…ということに、書き出してようやく気がつきました。

実践したら3ヶ月で夫と出会い交際0日婚

上記のほかにも不安はありました。

  • 私がいいと思う相手に好かれなかったらどうしよう…
  • 好きになった相手がめちゃめちゃ貧乏だったらどうしよう…
  • 好きになった相手がめっちゃアホだったらどうしよう…
  • 今はよくても、向上心のない人だったら将来大変なことになるかも…

などなど!笑

でもそれは、実際にそうなったときに考えればいいこと。

「今までうまくいかなかったから、どうせ同じことを続けても結果は同じ。それなら1年くらい実験してみるかー」という感じで取り組んでみました。

三上みひろ

もし1年後、今よりも状況が悪くなっていたら、そのときまた「成長させてくれそうな相手」を選んで、「猫かぶり」すればいいと思っていたんです。笑

今現在、とりあえず上手く行っていないんだから、この方法を繰り返すのはやめよう。

それで今よりも状況が悪くなるなら、その時また元に戻せばいい。

決めたらずっとそうしないといけないというわけじゃない。

相手とどうするかは、自分で選べるのだから。

そんな決意をし、楽しいと思う相手とだけ会うようにしていたら…

夫と出会い、あっという間に仲良くなって、交際0日で結婚しました。

嘘みたいな本当のはなしです。

私は夫と結婚して夫婦になるまで、夫の職業も会社も学歴も年収も知りませんでした。

そんな話、したことがなかったから。笑

  • どういうことを楽しみに生活しているか
  • どんな人生にしたいと思っているか
  • 実際に今、取り組んでいること

そういう話しはよくしていたし、実際にやっていることをみせてもらったりしていました。

三上みひろ

話しても話しても話しが尽きず、すっごく楽しかったことを覚えています。そしてそれは今もです^^

まとめ

「成長するための関係」を求めるとき、「成長させてくれそうな相手」を求めるとき、それはあなたが自分に対して不安や不満を抱いているときかもしれません。

恋愛で「成長し合える関係」や「お互いを高めあえる関係」に憧れる気持ちはわかります。

ただそれは、ふたりの関係を通して【結果的に成長するもの】だと思います。

「気がついたらこんなふうに変わっちゃったね〜。すごいね〜。」という感じです。

恋愛はなにかの訓練施設や短期集中の塾ではありません。恋人はあなたのコーチでも上司でもないのです。

「具体的な成長」をお互いに求めると、しんどくなってしまいます。

そんなときはぜひ、「楽しい」という感覚を大切にしてみてください。

楽しいと思う相手と、楽しいと思う時間を過ごす。

これを実践しようとするときに、心の中でザワザワするかもしれません。

それがあなたの向き合うべき課題です^^

恋愛は簡単で楽しくてハッピーでいいのです。

応援しています。

三上みひろでした!

ABOUT ME
三上みひろ
三上みひろ
これから書きます