引き寄せの法則

願いを叶える『引き寄せノート』の書き方

こんにちは。
三上みひろです。

  • 会社に行きたくない。でも、お金は欲しい。
  • 人間関係に疲れた。でも、心許せる友人は欲しい。
  • 結婚したい。でも、貧乏だったり毎日忙しかったりする結婚生活は嫌だ。
  • 人生がつまらない。情熱を燃やせるようなことをやりたい。

そんな心のモヤモヤがスッキリと晴れて、自分が予想していた以上に豊かな未来を実現する方法をお伝えします。

これから紹介する『引き寄せノート』を実践したことで、私自身が実際にたくさんの願いを実現してきました。

そしてこの「引き寄せノート」のやりかたをお伝えしたところ、実践してくださった方の90%以上が「人生が変わりました!」「想像以上の現実を引き寄せました!」と報告をいただいています。

記事の前半では『引き寄せノートの書き方』を解説しつつ、記事の後半では『なぜノートに書くだけで願いが叶うのか』について解説します。

この記事を読み終えることで、「毎日のモヤモヤを解消できるようになる」だけではなく、「想像以上の未来を引き寄せる方法」が身につきます。

引き寄せノートってなんですか?

引き寄せノートとは、自分の願いをノートに書くことでその願いを叶えるというものです。

勉強計画ノートや仕事ノートでのタスク管理との違いは、引き寄せノートでは『書くだけでスルリと自動的に夢が叶った!』感覚があるところです。

夢や希望や願望をノートに書くだけで、努力なしで簡単に想像以上のことが起こってしまうのです。

勉強ノートや仕事ノート、そのほか目標をたててそれを達成しようと思った時には

目標:夏までに体重48キログラムになる!

そのために…

・毎朝ジョギングをする。
・半身浴を1時間する。
・夜18時以降は食べない。
・お昼ご飯を半分にする。
・間食をやめる。
・毎日体重計に乗る。

こんな感じで具体的に目標や、それを叶えるためのTODOリストを書くと思います。

しかし引き寄せノートの場合は、

Instagramでみかけたあの可愛い水着が似合う体型になりたい

自分が心から欲しいと思っている願いをただ書くだけでいいのです。

ただし、「引き寄せノートの書き方」にはちょっとしたコツがあります。

次の章で解説していきます。

『引き寄せノート』の書き方とポイント

お気に入りのノートを1冊用意する

引き寄せノートに使うノートは、どんなものでも構いません。

サイズも自由ですし、紙質やレイアウトも自由です。

ただここに1つポイントがあります。

持っているだけでワクワクするお気に入りのノートを選ぶ

「絶対にこれ!」と決めずに、色々なものを使ってみることをお勧めします。

ノートタイムは自分の人生を創り上げていく大切な時間。

ノートタイムは決め事やルールで自分を縛らず、変化を楽しむ時間にしましょう。

自由にたくさん夢や願いを書きだそう

ノートを開いて

  • 欲しいもの
  • やってみたいこと
  • 求めている人間関係
  • 理想の仕事…etc

自分の願いや夢、理想を書き出していきます。

POINT 1 夢は大きくても小さくてもOK
POINT 2 願いの内容は具体的に表現する
POINT 3 やりたくないことではなく、やりたいことを書く
POINT 4 すでに理想の未来を実現している自分になりきって書く

どうぞ遠慮なさらないでください。

ノートの中は誰にも見られることはありませんし、他人から馬鹿にされたり批判されたりすることもありません。

自分がどんな人生にしていきたいのか、やりたいこと・欲しいもの・理想の生活、あなたの心からの願いを全部書き出していきましょう。

ノートに書くだけで夢が叶う理由

「引き寄せノート」はノートに楽しく願いを書くだけで、まるでスルスルスルと引き寄せるように願いが叶います。

胡散臭いと思うかもしれませんが、「引き寄せノート」に書くだけで叶う理由があるのです。

現実は自分が選んだものでできている

自分の現在の状況、具体的にはお金・仕事・人間関係・美容健康・時間の自由・趣味・学習・精神の充実度はすべて自分が選んできたことの結果です。

引き寄せノートを実践する/しない関係なく、すでに私たちは常に色々なものを選んで、引き寄せているのです。

私たちの現実は自分が「これくらいが自分にちょうどいい」と思って引き寄せたものでできています。

すでに私たちは引き寄せをしているのです。

ただ、それらは無自覚に行われていました。

だから「こんなはずじゃないのに」「こんなの嫌だ」「つまらない」という現実を引き寄せているのです。

そこで「引き寄せノート」を使います。

ノートを使うことで、今まで無自覚だったものが自覚できるようになります。

無自覚に引き寄せていたものを、意図的に意識的に「これがいい!」と引き寄せるものを自分好みに変えるだけなのです。

脳みそに情報のアンテナが立つ

私たちの脳にはRAS(reticular activating system:ラス)と呼ばれる情報フィルターがあります。

私たちは、毎日の暮らしの中で、目から耳から肌感覚からもの凄い大量の情報を得ています。

一瞬一瞬で大量の情報が脳みそにはいってくるわけですが、それら全ての情報を瞬時に処理する事は不可能です。

そこで脳みそにあるRAS(ラス)が、情報を必要な情報/不必要な情報に振り分けてくれているのです。

RAS(ラス)があるおかげで、たくさんの情報の中でも混乱することなく生きていくことができます。

ただ、このRAS(ラス)があるせいで、私たちは「同じような毎日」を生きることになっていますし、「想像以上の現実」を引き寄せることが難しくなっています。

なぜなら【いまの自分にちょうど必要な情報】だけを脳みそがキャッチしてくれるようになっているからです。

いまの自分にちょうど必要な情報だけをキャッチして、そのキャッチした情報の中で選択を繰り返していると「同じような毎日」になって当然ですよね。

そこで「引き寄せノート」を使います。

ノートに自分の願いを書くことで

「私は○○という情報が欲しいです。」

「私は○○を叶えたいと思っているので、そのヒントが欲しいです。」

自分のRAS(ラス)に欲しい情報をインプットさせることができるのです。

そうするとあとは放っておいても勝手に自動的に情報が集まるようになっています。

だから「引き寄せノート」は、

  • 願いの内容は具体的に書く
  • やりたくないことではなく、やりたいことを書く

がポイントなのです。

4.まとめ

本記事は実際に願いが実現する「引き寄せノート」について書きました。

自分の現実は自分が選んできたものでできています。

今この瞬間から選ぶことを変えれば、引き寄せる現実は簡単に変わるのです。

まずは「引き寄せノートに願いを書く」ことからはじめてみてください。

応援しています。
三上みひろでした。

ABOUT ME
三上みひろ
三上みひろ
これから書きます