手帳術

【手帳Q&A】予定のみの書き込みになり手帳を上手く使いこなせない。

こんにちは。

三上みひろです!

手帳の使い方についてご質問をいただきました🙌


Q:「予定のみの書き込みなので手帳を開かなくなります。かわいい手帳を買っても続かないので、続けるコツを知りたいです。」

三上みひろ

手帳で何を叶えたいのか?手帳を使う目的を決めるといいですね!

ちなみにですが、私の場合、「手帳とは自分との約束を実現させるためのもの」と決めています。

なので、未来の予定を書き込んだり、それを実現するための計画を書き込んだり、いわゆるスケジュール管理目的で手帳を使っています。

一方で、手帳を日記のように使いたいと思っている方もいますよね。

日々の出来事を記録したり、旅行の思い出を記録したり、お子さんとの思い出を記録したり。

「私は手帳で何をしたいのか?」

ここをまずははっきりさせてみるといいと思います。

ここからは、「叶えたい目標があって、実現のための計画やスケジューリングに手帳を使いたいのに使いこなせていないんです」という方へ向けて。

「手帳を予定の書き込みだけに使っている」はどのパターン?

  1. 予定だけを書いている
    →「予定」ではなく「行動」を書いてみよう!
  2. 行動も書いているけど、書くだけになっている!
    →TODOをもっと細かくしてみよう!

1.予定だけを書いている

手帳が「予定の書き込みだけになって続かない」というお悩みで多いのがこのパターン!


2月1日  14:00〜 歯医者


2月14日 18:00〜 デート 新宿南口待ち合わせ

上記のように、友人との約束や行事、締め切り、歯医者の予約など「忘れたら困ること」だけが書いてあるんですね。

でも、バリバリ仕事をしている人ならともかく、毎日毎日イベントでいっぱーい!なんていう人はあまりいないはず。

少なくとも私はそうです。笑

私はインドア派なこともあり、家で自分ひとりで完結することばかりやっています(笑)が手帳は大活躍ですし、書き込みたっぷりです。

というのも、手帳には「自分がやること」を書き込んでいるからです。

三上みひろ

手帳には「予定」ではなく、「自分の行動」を書き出すのが使いこなすポイントです!

2.書くだけになってしまい実行できない

手帳には「予定」ではなく、「自分が実際にやる事(=行動)」を書き込みましょう!

ただ、中には「計画をたてて、具体的な行動に落としこんでいるけど、これも書くだけになっちゃっているんだよなー」というケースもあると思います。

三上みひろ

私もよく「計画は完璧なのに、実行できない!」という状況に陥っていました。

何度も計画を立て直して、時間だけが過ぎ去って。「気がついたら一年終わっちゃったよ!!」ということがありました。笑

そんな時は下記をチェックしてみてください。

今やろうとしていることは「やりたいこと」か?

世の中には「やりたいわけじゃないけど、やっておいた方がいいこと」も確かに存在しますが。

手帳の目的は「やらなくていいこと」に時間を使うことをやめて、「やりたいこと」に使う時間を増やすことでもあります。

今、「計画立てたけど、なかなか行動できない」と思っていることは、

  • やりたいことなのか
  • やりたくないけどやらないと面倒なことになるから(税金とか社会保険とかw)やることなのか
  • やりたくないしやらなくていいこと(やった方がいいと勘違いしていること)なのか

そこをまず仕分けしてみてください。

三上みひろ

「別にやりたいわけじゃないけど、なんとなくできた方がいいかなー」と思っちゃうこととかもあるよね。

私はペン習字がそうでした。美文字に憧れるけど、教材買ってもやらない。なぜなら、本音は自分に必要だと思っていないから。

そういうのは全部切り捨てる!笑

10分以内で終わるレベルまでTODOは細かくする

次に「手帳に書き出していることが具体的じゃない。」について。

「人生のために、今、この瞬間、何をしたらいいのか」パッとみてすぐにわかる手帳がいい手帳です。

なので、「TODOを具体的にする」ことで手帳が活きてくるんです。

具体的であればあるほど、パッとみて、すぐに行動できますからね。

「TODO作っているけど、手帳使いこなせてないよ?」という方は、10分以内で終わるレベルまでTODOを細かくしてみよう!

三上みひろ

もし「10分で終わるレベルに行動を細かくしても、なかなか進まないよー」という場合、3分レベルまでさらに細かくするといいですよ。

TODOのポイントは

  • みただけで何をすればいいかすぐにわかる
  • 精神的な負担がなく、行動を積み重ねられる

だから、「うーん…。なんだか大変そう。後回しにしたい。」と思ってしまう場合、TODOがまだまだ大きいということです。

もっと小さくして行動へのハードルを下げていきましょう!

三上みひろの例|家事代行を頼みたい

私の例ですが、「家事代行をお願いしたい」とずーーーーーーーーっとずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと思っていたんですが、そのまま手付かずでした。

アイコン名を入力

夫婦共働きで、私も夫もバリバリと働くから家事には時間をかけたくない!だけど家も綺麗な状態がいい!

というわがままな願いを叶えたいのです。笑

「家事代行をお願いする」というTODOリストは残ったままです。笑

私は付箋でTODOを管理していますが


家事代行を依頼する

という付箋が2019年からずーっと手帳に残っています。(今、2021年…)

いえね、頼もうと思ってGoogleで検索しては決めきれず、ブラウザをそっ閉じするということを20回くらい繰り返しているんですよ。笑

この案件が先に進まないのは、「TODOがぼんやりしているから」ですよね。

ということは、TODOをもっと具体的にする必要があるってことです。

TODOを具体的にすると現実になる

「家事代行をお願いする」をより具体的にすると


□家事代行会社を比較するための項目を決める


□比較するための表を作成する


□家事代行会社をとりあえず3つピックアップする


□比較して一番良さそうなところにとりあえず依頼してみる


□比較項目の修正をする


□単発コース(初回お試しでも有料なら可)があるところを3社頼んでみる


□3社体験後、契約するところを決める

と分けることができます。

ここまで具体的にすれば、あとは手帳に書き込んでいくだけです👍

三上みひろ

TODOを具体的にすることで、自分のつまずきポイントも発見できます!

私の場合、家事代行をお願いするにあたって「最低限コレだけは譲れない!」ということを決めていませんでした。

だから選びきれなかったんですね!

まとめ

手帳を毎日開いたり、書き込んだりするのは

  • 手帳に「具体的なTODO」が書いてあるから!
  • 手帳をパッとみたら、自分が今、優先すべきことがわかるから!
  • TODOが「自分の理想の人生」と繋がっているから!

予定のみの書き込みになっちゃうーという方は、自分が何をするのか具体的なTODOを書き込んでみましょう。

やりたいと思っていたこと、理想だと思っていたこと、実現するスピードがどんどん早くなることが実感できると思います。

ちなみにですが、

「手帳使ってないけど、感性のままに動いて叶えたいこと叶えまくって、今の人生が100点で大満足!」

という場合。

あなたは手帳のいらない人。そのまま突っ走りましょう!!!笑

応援しています!

三上みひろでした。

ABOUT ME
三上みひろ
三上みひろ
これから書きます